読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タッキーを電報でお祝いしよう

滝様31歳のお誕生日おめでとうございます!てことで翼のラジオ文字おこし〜。

2013年3月28日(29日)翼のto base 誕生日特別企画「タッキーを電報でお祝いしよう」

日付が変わって3月29日はタッキーの31歳の誕生日ということで、

この場を借りて僕から愛するタッキーへメッセージを送っていきたいなと思っております。

まぁあのね、なかなかこう面と向かって言うのもなんなんで、

やはり文章だからこそ伝えられるそういった、えーまぁ活字の強さを信じて、

電報を打ってみようと思います。

えーということでですね、スタジオから電報受付の方へ電話をかけまして、

タッキーへのメッセージを託していきます。

まぁ電報受付に電話をかけるのは僕は人生にとって初めてですね。

じゃあ早速お電話しましょう。

(ピッピッ)とてもこう電報の・・・。

「(アナウンス)」

おおっ、きたよ。

「(アナウンス)」

混みあってるんですかね。

「お待たせいたしました。N○T東日本〜でございます」

どうもお世話になりますー。

「お世話になりますー」

すみません、えーっと電報の方をお願いしたいんですけれども。

「はい、わかりました。恐れ入りますが、お名前をお願いいたします」

はい、えーっ名前はですね、今井翼と申します。

「今井様よろしくお願いいたします」

はい。

「恐れ入りますが、どのような内容の電報でしょうか」

はい、えーっと誕生日のお祝いの電報ですね。

「承知いたしました。お届けする日にちはいつがよろしいでしょうか」

えーっとですね、3月の29日にお願いしたいです。

「金曜日でよろしいでしょうか」

はい、そうです。

「お届け先のお電話番号がおわかりでしたらお願いします」

住所の方でもよろしいですか。

「ご住所お願いいたします」

はい、郵便番号・・・。

「郵便番号必要ございませんので、ご住所からお願いいたします」

東京都からいきます。東京都千代田区〜で、ニッポン放送の、

タッキーの滝沢電波城宛にお願いしたいです。

ニッポン放送の・・・タッキーの」

はい、タッキーの滝沢電波城ですね。

「タッキーはカタカナでよろしいでしょうか?」

そうですね、タッキーはカタカナで。

「のはひらがな」

のはひらがなで。で、滝沢電波城はすべて漢字なんですが。

「はい」

まず、えー・・・滝ですね。さんずいの・・・

「さんずいの立の下に一般的な」

あ、そうです。

「簡単な方の滝ですね」

簡単な方の滝ですね。えーさんずいの沢山の・・・

「(聞きとれず)」

はい。に、続いて電波城の電が電報の電ですね。

「電波城の電が」

電報の電ですね。

「あの伝える・・にんべんではなくて」

はい、電話の電です。

「電話の電でございますね。電報のメッセージはどのようにお入れ致しますか」

はい、まずはですね、『敬愛なるタッキー様へ』

「はい」

『この度は32歳のお誕生日おめでとうございます』

あ、31歳です、ごめんなさい!31歳でした、失礼しました。

「1歳ですか、はい」

はい、えー『あなたがいくつになっても』いくつはひらがなでいいです。

「ひらがなですか」

はい。『あなたがいくつになっても 僕はあなたを愛し続けます』

「はい」

『今度スタジオの方でお待ちしてます』で、えー最後に『タッキー&翼 今井翼より』でお願いします。

「台紙でございますが・・・」

えーっと希望したいのが、ミ○キーマウス&ミ○キー・・・

あ、ミ○ーマウスのラブ&バラと書いてある3,800円のもので。

「(聞きとれず)」

あーないですか、今切れてますか。ミ○ーマウスでお願いします。

「バラの方ですね。承知いたしましたー」

お願いしまーす。

「承りましたー」

お願いします。

「承知いたしましたー。ありがとうございましたー」

はーい、ありがとうございましたー。

「失礼しますー」

はい、ということで、以上、誕生日特別企画「タッキーを電報でお祝いしよう」でした!