読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリアン・グレイに恋して

f:id:bnnking16:20150906210105j:image
 
舞台「ドリアン・グレイの肖像」本日、25公演すべて終了しました。
 

 

5月3日にこの舞台の発表があってから今日までの間、雑誌に載ったり、テレビに単独で出演したり、本当に色んな事が起きていて、全部触れたかったけど結局できなくて(笑)舞台が始まってからも更新できず、結局千秋楽を迎えてしまいました。

 

8月16日初日。ひろきがどんな「ジェームズ・ヴェイン」を見せてくれるのか、もちろんきっとやってくれるって安心はしていたけど、ものすごくドキドキして、終わった時にホッとして思わず涙ぐんでしまったし、初めてきちんと「演じてる」ひろきを目の当たりにして、嬉しくて仕方がなかったです。

 

それから、大阪、福岡と回るにつれて、どんどん演技も変わっていって、最初は「怒っている」「怒りをぶつけてる」イメージが大きかったシーンでも、「悲しみ」とか微妙な気のふれ方が混じってきたり、ぐっと良くなっていったのを肌で感じました。十字架を背にして復讐の誓いをたてるシーンで、千秋楽の、「教えてやる!教えてやるのさ!」って二度繰り返したり、「あいつが殺したんだ!」って心の底からぐわーーーっと言い切った表情や言い方がとても印象に残りました。

 

カンパニーの皆さんともすごく仲が良さそうで、ブログとかツイッターとかでその様子が見て取れたけど、何より今日のカーテンコールでキャスト一人一人が挨拶をしたその時のやりとりが本当にほほえましくて、このメンバーでまたなにか舞台ができたらいいのに!って願わずにはいられませんでした。

 

楽のひろきの挨拶だけ簡単に。

 

ジェームズ・ヴェイン役の仲田拡輝です。(ジャニーズJr.)です。

素晴らしい役と、セリフと、あと照明と・・・衣装と・・・(「全部言うの?」とつっこまれるw)あと素敵な姉さん!今日も綺麗ですね♡(やだー!って照れるみみさん♡)

外部の舞台は初めてで緊張しました。でも皆さん優しくて。僕が喉が痛いって言ったら、みみさんは喉シュッシュをくれて、すんらさんは漢方をくれて、秀さんは新幹線でのど飴を買ってくれて、ラーメン屋さんでも飴を買ってくれて。漢方も僕の分まで処方してくれたんですよ。あ、あと三郎さんはラーメンをおごってくれました♡

演じることが楽しいと思った2か月でした。人としても、演者としても、成長できた2か月だったと思います。また、このキャストの皆さんと一緒に舞台に立ちたいという目標ができました。なので、最後に名前を覚えて帰って下さい!仲田拡輝!仲田拡輝でした!!!

 

喉が痛いのくだり、カンパニーに愛され過ぎか(涙)名前を覚えて帰って下さい!って言っちゃうところがひろきらしいし、そういうのすごく大事だよなーって。

 

あと、「演じることが楽しいと思った2か月でした」って言葉がすごく素敵で、ひろきはこの舞台を糧にして、また新たなステージに立ちたい!って思えたんだろうなーって、それが凄く嬉しかったんです。今回の舞台を見た友人・知人の皆さんが、「もっと他の作品で演技を見てみたいと思ったよ」「これをきっかけに色んな人に見つかるといいね!」って言ってくれて、正直わたしは欲目のかたまりでしかないから正当に評価なんてできないけど、この舞台をきっかけに色んな人の目に触れる機会が増えたらいいなーって願わずにはいられなかったです。普段はそういうことはあまり考えないようにしてるんだけどね。Jr.なんて何がどうなるかわからない世界だし、変に希望を持ちたくなくて、与えられたものだけその時その時得ていた方が幸せなんじゃないかって。でも、今回はそういう「未来」を感じざるをえなかった。上手く、いくといいな。

 

ひろき自体の出番が少ないのにこんなに入ってしんどくないか!?って思ったし、最初はしんどかったけど(笑)でもだんだん作品自体の魅力にはまっていって、特に徳山くん演じるハリーの立ち振る舞い、言葉に惹かれるしかなくて、ドリアンが彼に影響を受けてしまうのもよくわかるなーって目線で見てました。ドリアンも、今のゆうまくんだからこそ成り立つ、今しかない、来たるべくして来た役だったんじゃないかなって思いました。すんらさんはひろきとゆうまくんを見守るお父さんのような存在で、すんらさんと出会えたことはひろきにとっても大きかったんじゃないかな~。初めての外部で不安だったろうけど、すんらさんから教わったことがきっと今後も糧になるはず。みみさんも本当に美しく、可愛らしく、ひろきのお芝居に呼応して演じてるところはさすが元タカラジェンヌ!って感じました。アンサンブルの皆さんも、本当にみなさん細かいお芝居が素敵だった!特にビクター兼金髪メイドの木場さんが可愛かった~。

 

てな具合で、まんまと作品&カンパニーの虜になってしまったがために、この夏とお別れしなくてはいけないのがほんっとーーーーーにさみしい。しばらくとんでもないドリグレロスになっちゃいそうです。ああ、DVDとは言わなくても、さら八やガブシャのようにテレビで放送してくれたらいいのに!

 

キャスト・スタッフの皆さん、25公演本当にお疲れさまでした!最高の作品に出会えて、ひろきくんを見ることができて、幸せでした。ありがとうございました。