読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひと夏の

244
f:id:bnnking16:20140815155709j:plain

f:id:bnnking16:20140815155648j:plain

FUNK詩謡夏私乱 渋谷公会堂8/11の公演に行ってきました。MCとか簡単なレポはTwitterに落としたので省きますが、感想というか思ったことを残しておきたくて。


小喜利とかトークイベントの類はちょこちょこ行ってたけど、ソロライブは担当降りてから初めてでした。約3年ぶりかな。正直不安だったけど、結果として凄く楽しかった。セトリのおかげだとは思うのだけど笑。現にしゃまの曲はアルバムで音源持ってるのもあってなんとなくわかりはしたけど、ライブのノリは見よう見まねで。今までの私からしたら考えられない現象笑。


昔の、ケリーの曲はイントロ流れるだけで会場内も沸くのがわかったし、私自身も自然と身体が動いて、やっぱり好きだ!って思った。つよしの歌声が、踊りが、仕草が、作る曲が、やっぱり好きなんだって。でもやっぱり過去であって、今の一番じゃない。それをはっきり認識したのは、つよしが「ラジオにメールが来てて、今回ひさしぶりの人が多くて、単に子育てしててーって人もいるけど、そうじゃなくてひさしぶりの人がいて」って話だして。ドキッとしたら、「僕はいつでもここにいますから、浮気しても、待ってますから、許せる男なんですよ」ってニュアンスのことを言って。周りは、えーーーって反応だったり、浮気するわけないじゃん!って感じの雰囲気だったけど、私はたまにふらっとここに来ても許されるのかなって、都合いいんだけど、そう言ってもらえたようで嬉しかったし、やっぱり今の居場所は違うってのも周りとの温度差で感じて。


だからまたたまに気が向いたらふらっと遊びに行く、そんな感じで好きでいようって思いました。つよしさん、ありがとう。また、遊びに行くね。